blog index

YURA Blog

表現コンサルタント・康 有羅が、日々の出会いで感動した話を書き留めています。
<< 呼吸に意識を向け、丁寧に生きる♪ | main |
韓国巡礼の旅♪2018/6/10♪

今回の巡礼は、朝・夜と、瞑想三昧という、

今までの巡礼とは少し違ったちょっと贅沢な旅になりました〜♪

 

初日。

瞑想室から見える海です♪

 

到着の日は、プサンにあるマナハウスへ直行♪

病院の院長先生が瞑想の為に建てられたという、

とても素敵な建物♪

 

 

空気が澄んでいて、波動が高く、

余分なものが何もない素敵な空間に感動しっぱなしでした(^o^)/

 

まずは、外観から♪

 

建物の中に入ると〜♪

 

瞑想室と書かれた部屋♪

 

その瞑想室の中♪

 

瞑想しながら見える海♪♪

 

ここで、朝・夜と静かに瞑想させてもらいました♪

瞑想の後、海の周りを散歩していると、

心と体が限りなく浄化されていくのを感じ、

この只々静かな空間の中で、もう1泊したい気持ちで一杯になりましたが、

その気持ちを、ぐっと抑え、

今回の一番の目的地、チリサンへ向かうことにしました〜♪

 

今回の目的は2つあって、

1つは、瞑想。

もう1つは、樹木葬。

〜姉の旦那様が今年1月に亡くなり、

その骨の半分は河口湖の山へ、

そして残り半分は韓国のプサンにある今年の5月に完成したばかりの

姉の友人の家の土地に、木を植え、樹木葬をすることになったので、

その準備とお祭りをする為〜

 

 

この時期になると、巡礼が恋しくなり、姉に催促していたのと、

ちょうど義兄の樹木葬のタイミングが重なったので、

姉に連いて行くことになりました(^^♪

 

人っ子一人いない、山の奥へ奥へと入っていくと、

この新しく建った家がありました。

 

ここが、想像していたのとは、まるで違って、

とても近代的な建物でした。

 

ここもまた、

家の中に瞑想室が二つもあり、

時々山の奥にいる事を忘れてしまう位、オシャレなハウスでした♪

 

 

画家の奥様(すんにさん)と建築家の旦那様(はんぎさん)。

ソウルメートのような仲良し夫婦がここのご主人。

 

20年前にこの土地と出会って以来、

いつかこの山に家を建て、瞑想したり、お祈りしたりできる、

皆が集う場を作りたいという夢を実現するため、

この土地を購入し、

ソウルでの都会の生活をすべて整理し、ここに家を建てられました。

(この土地の元々の持ち主は、この山を守る為に、

山奥で仙人のような暮らしをされていて、

この聖地の意味をちゃんと理解し守れる人にしか

土地を売らないという伝説の人で、

彼らなら売ってもいいということで、実現したそうです(^^))

 

 

 

毎月やリ続けてきた13日のお祈りを、

ここでスタートさせる事で、

本当の意味で、ここが完成したことにしたい!と、思われていて、

その為に、長年の巡礼の仲間であり、この土地を二人に紹介した

姉のみなさんが招待されました。

そうして、その大切なスタートの日に、日本からは、

私と巡礼の仲間の裕子さんが、ご一緒させてもらうことになりました。

 

 

 

そんな家の中を今日は初公開〜♪

 

 

 

13日のお祈り♪(宗派を超えて、平和と人類和楽の為に無言で祈る)

 

 

朝・夜の瞑想室♪

〜本当に気持ちよかったです(^^)〜

 

 

瞑想室の隣にあるゲストルーム♪

 

 

〜瞑想の後、朝の朝食は野外で♪〜

 

すんにさんに日本からのお土産の浴衣を着てもらい皆で夕食です♪

 

町のカフェで、最高においしいかき氷♪

 

 

 

どうしても会いたかったマゴハルメ♪♪♪

無理を言って連れて行ってもらいました(^^)

 

この日から、私の中の何かが大きく変化しました(*^。^*)

マゴハルメ、ありがとう(^o^)/

 


 

 

 

 

吊り橋を渡っていくとお寺の奥に岩倉が♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてここからは、

今回の大切な目的、樹木葬の為の準備♪

 

 

樹木葬の準備とお祭り♪

 

 

 

ちなみにこちらは、6月2日に行われた日本の河口湖でのお別れ会♪

〜テッドさんは、皆から愛に満ちたお別れの言葉を頂きました〜

 


 

イギリス人であるテッドさんの遺言通り、

日本と韓国の山でのお別れ会が無事終了しました(^o^)/

いろんな国の人が、テッドさんの為集まってくれました。

 

生前はいつもにこやかで自由な人で、

一緒にお酒を飲むのが楽しみなそんな義兄でしたが、

亡くなった後、こんなにも世界中の人に愛されていた人だったんだと、

改めて知り、亡くなってからの存在感の大きさに何度も驚かされます!

 

こんなにも素敵な時間を過ごせたのは、

亡きテッドさんからのプレゼントだったのかもしれませんね(^^)

 

テッドさん、ありがとう♪

そして、いつかまたね〜♪

 

巡礼の旅に誘ってくれた姉、

今回韓国でお世話になったすんに・はんぎ夫妻、

そして、たくさんの人たち。

本当にありがとうございました!!

 

 

 

自然のありがたさを満喫して日本に帰ってきた二日目の朝、

大阪に地震がありました。

 

 

 

色々考えさせられました。

 

 

 

表現を教える者として、人生の表現者として、

残りの人生をどう生きて行きたいか、

漠然としていたものがより明確になったそんな巡礼の旅でした(^^)

 

自然と共に、真心込めて生きていきたいと思います。

 

すべてに感謝(^o^)/

 

ゆら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| YURA | - | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.hyogen.net/trackback/971835
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

bolg index このページの先頭へ