blog index

YURA Blog

表現コンサルタント・康 有羅が、日々の出会いで感動した話を書き留めています。
<< 楽しいお茶のお稽古♪ | main | 年末合同発表会のお知らせ♪ 〜誰の中にも光がある!〜 >>
発表会終了〜愛を確認して強くなれた♪〜

先日、大学生のこうきの発表会が無事終了しました。


 

 

 

こうきは、とても頭の良い子で、

何をやっても上手く出来る子です♪

 

表現講座でも、何でも簡単に出来てしまいます。

でも、今回はそれが問題だったんです(*_*;

 

 

 

表現では、

その人の本気が見たいから、

表面のきれいさや、

無難に適当にというのは、必要ないんです(^^)

 

 

下手でもいいんです。

不器用でもいいんです。

 

それを、誤魔化して良く見せようとか、

褒められる為に、きれいな表現をしようとしたら、

私からの即NGが出ます。

 

特に、

今回こうきの場合、

問題から逃げない、嘘をつかない、人のせいにしない、

という課題があって表現講座を受講してくれているので、

特に本人の本気無しでは、

絶対変わることが出来ないと思っていたので、

特にその点は、厳しく向き合いました(^^)

 

そしてその課題のほとんどの原因は、

親の愛が欲しいという事でした。

 

だから今回は、私一人でやるというより、

お母様と連絡を密に取って、

連携プレーが取れるようにしました。

 

わたしが厳しくしたら、

お母様がやさしく包んであげる。

 

お母様も本気です。

只優しくするだけではなく、

何故ダメなのか、何が必要なのか、

それを、しっかりと、愛情をもって語ってくれました。

そのお陰で、みるみるうちに、

こうきが、本来の良さを取り戻していきました〜♪

 

愛情をたっぷり確認出来た事で、

安心して、素直な自分を本気で表現出来るようになりました〜♪

 

そうして迎えた発表会!

 

冒頭の挨拶も、感情表現も、自作の詩の朗読も、

こうきの本気のすべての表現が、

観客に感動を与えてくれました〜♪

 

 

 

そして最後の挨拶の時、

お客様一人一人に感謝の気持ちを丁寧に伝えるこうきは、

3か月前とは、まるで別人(^o^)/

 

愛されている事を実感出来れば、

人は、こんなにも変わることが出来るんですね〜♪

 

こうき、

すごーくよかったよ(^^♪

 

しっかりと自分と向き合って、最後まで良く頑張ったね♪

 

 

 

そして、今回素晴らしい連携プレーを取ってくれたお母様、

男親として、愛情あふれる感想を伝えてくれたお父様、

逞しいはるき兄、

いつも影で支えてくれ応援し続けてくれている名カメラマン奥ちゃん、

発表会の度に、応援に駆け付けてくれるさっちゃん、ようこちゃん、

雨の中、本当にありがとうございました。

これからもこうきを暖かく見守ってあげてくださいね(^^♪

 

 

私もこうして受講生やお客さまから、

毎回たくさんの感動を与えてもらえて、本当に感謝です(^。^)y-.。o○

年末発表会も頑張りますので、どうぞよろしくお願いします♪

 

ゆら

 

 

 

 

↓こうきの感想文です。

 とても素直にまんまの自分を表現しています。読んでみてくださいね♪

 

表現講座を始める前の私は周りに迷惑ばかりかけて、それをぎりぎりまで周りにばれないようにして、ばれたとしてもそれは自分のせいではないと頭で考える人でした。そんな自分が嫌いだから、自分にとって悪くなることをして自分を罰そうとしました。それで周りにも迷惑がいくことで、自己嫌悪のループに陥っていました。丁度その時、お母さんの表現講座の発表会を兄に連れられながらも見に行きました。そこで、喜怒哀楽をはっきりと出して、自分で作った詩を読むお母さんが、自分が今まで見ていたお母さんと別人に感じられました。そして、この表現講座を受ければ自分も変われるかもしれないと軽い気持ちで受けることにしたのです。

表現講座を始めて最初に思ったのは、自分の気持ちをさらけ出せて気分が良い、というものでした。でも、それが間違いだと気づくのはすぐでした。三回目の講座のとき、有羅先生に「表現講座をただ気持ちいいものと思わないでほしい。」と言われたのは今でもよく覚えています。そして、丁度そのあたりから表現講座の課題から手を抜き始めました。今までは手遅れの段階まで隠し通せましたが、今回は違いました。有羅先生とお母さんが互いに連絡を取り合いすぐに手抜きがばれました。そして、二人に同じ内容で怒られて、ようやく表現講座を通して自分の本心と向き合い始めました。

 本心との向き合いは本当につらかった。今まで自分が目をそらし続けたことがたくさん出てきました。周りに迷惑をかけ続けたこと、それを別のもののせいにし続けたこと、それらがすべて自分のせいだと自覚するのは本当に苦しかった。でも、本心に向き合うことで、なぜ自分は周りに迷惑をかけるのか、なぜ別のもののせいにし続けるのか、ということを頭ではなく心で考えられるようになりました。そこで、お母さんに「あなたがどんなことになっても見守り続けます。」と言われたことでようやくその理由がわかりました。自分は周りから贈られる愛を感じようとせず、勝手に自分は愛されていないと思い込んでいたから、周りに迷惑をかけて目を引こうとしたのだとようやく気づきました。

そこからは、自分の本心と向き合えたことで、四苦八苦しながらも順調に表現講座を進めたように感じられました。そして、発表会当日には色んな人に見てもらえました。今まで自分を見捨てずに最後まで向き合ってくれた有羅先生。表現講座を始める前からずっと気にかけてくれたゆかりちゃん。ゆかりちゃんの友達のようこちゃん、さっちゃん。いつも気にかけてくれた兄。ほとんど単身赴任で家に居なくてもずっと支えてくれたお父さん。そして、いつも見守ってくれたお母さん。自分の発表会を聞いてもらって本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。それだけではなく、いままで自分を支えてくれた人達にもありがとうの思いがたくさんあります。今から自分を変える出発点として頑張るから、これからも支えてほしいです。いままで自分を支えてくれて本当にありがとうございます。

 

 

 

 

 

| YURA | - | 16:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.hyogen.net/trackback/971821
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

bolg index このページの先頭へ