blog index

YURA Blog

表現コンサルタント・康 有羅が、日々の出会いで感動した話を書き留めています。
<< 発表会終了♪〜勇気ある母の挑戦に家族もみんなも感動♪〜 | main | 発表会終了〜涙と笑い一杯のレッスン(^^♪〜 >>
発表会終了〜新たな人生に向けてのチャレンジ♪〜

発表会が続きます。日曜日の主役は、ヒカル。

ヒカルは、よーいどんのテレビを観たとき、

あっ、ここで学ぼう!と、思ってくれたらしく、

即、HPを通して申込んでくれました。

 

 

何ををするにも、一生懸命なヒカルですが、

色々お話をしてみるものの、

いつもどこかベールに包まれていて、

なかなかヒカル本来の姿が見えてきませんでした(-_-)

 

 

相当重いものを背負っているようだったので、

気長に待つことにしました。

 

 

そしたら、

その時が来ました〜♪

 

あんなに鎧を被っていたのは、なんだったの?!

と、驚くくらい、素直に自分と向き合い始めました(^^♪

 

そして、発表会では、それを見事に表現してくれました〜♪

 

そして、

感想文を書いてくれました。

 

人生を振り返り、

この3か月間のレッスンを振り返り、

どのタイミングで葛藤し、

どのタイミングで変化し、

どのタイミングで、そう思えるようになったか等、

とても具体的に書かれています。

びっくりする位の内面の変化です(^o^)/

 

私が書くことは、何もない位、

本当に素直に、正直に書きてくれました(^^♪

 

 

 

ということで、

今回は、生徒の目線で、表現講座を体感してみてください(^^♪

 

ヒカルの感想文です(^^♪

 

 

表現教室の基本講座を終えて

 

私は幼少期より悩む為に産まれてきたのかと言うほど悩んで生きてきました

殆どが家族間での悩みでそれは他の人間関係や体調にまで影響を及ぼし常に私を苦しめてきました

 

この数年は特にそれが酷くなり

私はとうとう離婚までしてしまいました

 

気持ちを切り替え

新たにスタートを切ろうとはしてるのですが

このまま進んでいいのか

迷う日々を過ごしてました

なぜなら、また必ず失敗するのが目に見えてたから

 

そんな中、偶然テレビで表現教室を知りました

その番組では自分を変えたい青年が

ユラ先生にマンツーマンで指導を受けている

光景が映し出されていました

 

教えてるユラ先生の歩んできた人生のナレーションを聞いて私はとても衝撃を受けました

 

私が出来なかったことを

全てやってのけてる

並大抵な事ではなかったでしょうが

バイタリティが半端ない

 

色んな感情が湧いてきて

この表現教室を受講しよう!

そう思い立ち  すぐ問い合わせしてました

 

今まで私は

自分の問題を解決するには?

頭はそれで常に一杯でした

 

でも、どんなに沢山の本を読んでも

どんなに自分なりに勉強しても

答えは「自分を変えること!」そこまでは出てくる

でも肝心な

どうやって自分を変えるのかが見えてこない

絵に描いた餅ばっかり 

ガッカリしては懲りずに繰り返していました

 

表現教室を受けるに当たっての面接で

表現教室はカウンセリングとは違う事

それと、出来ないは言わない事

いくつかの注意点を聞きました

 

覚悟が要るような事が起きるってこと?

無理っ!となる事が起きるってこと???

不安はよぎるけれど

でも、まっ、先生が私を何とかしてくれるのだろう

その為に通うことにしたんだから!

甘、甘な考えの私の表現教室が始まりました

 

まずウォーキング

先生が仰る

歩き方にはその人の人生が出る

自分にしろ他人にしろ歩いてるのを

意識したことなかったけど

確かに歩き方って個性が出る

性格も出るかも?

では、私は?

 

不安だらけで目の焦点も定まらず

オドオドしてる自分が鏡に映ってました

 

そして喜怒哀楽を表現する

したことのない演技に照れとの戦いもある

私は怒り以外は中々 出せませんでした

怒りを出した時、私の中には怒りがマグマみたいにグツグツ言いながら溜まってるような気がしました

その怒りはきっと家族や前の主人などに向けられたもの‥だと思ってました

 

喜怒哀楽をしてみて

長いあいだ

私は喜ぶ事も、楽しむ事も、悲ししくて涙を流すなんて事もすっかり忘れてた事に気がつきました

 

そう、離婚した時ですら  泣くことも無く、

淡々とサクサクと手続きや荷造りを遂行していた事を思い出しました

 

自分の事なのに無関心な私‥

自分の事なのに‥

 

終盤、発表会に向けての詩の製作が始まりました

緩く表現教室をやり過ごしていた私でしたが

私の作ってきた詩を先生は指摘します

 

綺麗事しか書かれてない!!!

 

うまくまとまった詩を作る事しか頭にはなく

確かに私の本音なんて殆ど書いてません 

バレてる

ダメ出しのダメ出し

先生とのセッションで

私の口から出るのは愚痴、愚痴、愚痴

あの人のせい、この人のせい、

常に誰かのせい、常に私は被害者 

 

何でもかんでも人のせいにして相手を見下す

それは嫌でたまらなかった母や姉達そっくりな事

 

なるまいと戦ってた自分も居たのに

結局  負けてしまった  

屈してしまっていた

 

私は自分に対して

ずっと怒っていたのでした

 

進む方向間違ってる! 何故そっちへ行く?

何故  本心じゃない事を言う?

本音はそうじゃないのに!!

 

必死で私の中のわたしは叫んでた

それを無視して

力づくでねじ伏せてずっと生きてきた

 

私の中の怒り

殆どは私自身に向けられたものだったのです

 

先生との問答から

本当に被害者?

加害者だった事はなかった?

これが頭から離れないで数日過ごしました

 

意を決して

詩に取り組み直しました

本音を文章に書き出す

それを本気でする事にしました

 

封印してきたパンドラの箱がこじ開けられた

そんな感じでした

人に やられたからやり返した!仕返した!

あんな事もした、こんな事もした

人をとにかく見下していた

 

沢山の加害者の自分というものが出てきたのです

ゾッとしました

でもホッとしました

 

私が何故この道を辿ることになってしまったのか

すっかり忘れていたつもりの記憶が蘇りました

 

そんな中で自由に自分を出せた時期もあったことを思い出したりもしました

 

毎日泣きながら書いては読み

何度も手直しして詩は仕上がりました

 

私が辛くて封印してきた確実に今に影響している

過去を思い出し

その時の後悔、懺悔をさらけ出し

それを最終的には手放す事が出来た

そんな気がします

 

憎しみ、恨み   自分でも引くような

マイナスな気持ちでいっぱいだと思っていた

私の中に

感謝、幸せ  思いやりなどプラスの気持ちもあった

それを引っ張り出すことができた

 

まだまだ、家族の問題、染み付いた癖などの修正と

問題は目白押しですが

自分にとってどうする事がベストなのか

まず自分がどうしたいのか

自分を第一に考えるようになってきたと思います

 

私は表現教室で

自分と向き合い

本来の自分を取り戻すという

大きな収穫を得られたと思います

 

何度か発見の中で

いい意味での

鳥肌が立つ経験もしました

 

表現教室の要だと思うのですが

私の人生の舞台の主役は私

私の舞台では

他の人は私を際立たせるための端役に過ぎない

私の人生を彩るために登場してくれた人達

私の成長のために登場してくれた人達

それに感謝する事が出来ました

 

まだこれは完全にではないけれど

まさか、赦すという事が出来そうな自分に驚きです

 

私は長い事  自分の舞台なのに端役の登場人物に

徹してたなぁと思います

他の人を際立たせるためには動くのに

自分のことはないがしろにしてきました

 

それじゃあ本当の私が怒るはずだと今なら思います

 

自分の舞台を自分の思うままに

自由に駆け回る

これからは、そうなれたらと思います

 

自分が自分の1番の理解者になる

それが私の求めていた事

 

長いあいだ

自分を嫌い

ないがしろにする

自分に無関心‥むしろ傷つける行為ばかりしてきた

そんな、悲しい事は

もう、お終いにする

 

ここにやっと辿り着けました

 


以上です。

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございます♪

 

ヒカルも、

素敵な人と出会い、

新しい生活がスタートします(^^♪

 

今回は、その新しい人生に向けてのチャレンジだったのですが、

 

この3か月間、本当に良く頑張りました〜♪

おめでとう(^o^)/

 

そして、

今度こそ、幸せになってくださいね♡

 

ゆら

 

 

 

 

 

 

| YURA | 表現 | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.hyogen.net/trackback/971816
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

bolg index このページの先頭へ