blog index

YURA Blog

表現コンサルタント・康 有羅が、日々の出会いで感動した話を書き留めています。
<< 着物で観劇♪ | main | 発表会終了♪〜勇気ある母の挑戦に家族もみんなも感動♪〜 >>
二つの発表会♪〜誰の中にも光がある〜

前半・後半の発表会を終えて(^^♪


 

 

韓国の巡礼から帰った途端、

休んだ分の仕事が溜まっていて、

時間に追われる中、

発表会の当日を迎えました。

 

この日私は、午前中にレッスンが入っていて、

午後から二つのリハと発表会♪

 

一つの発表会だけでも、緊張するのに、

 

少しは、力の抜き方を覚えたからか、

表現の神様に委ねられるようになったからか、

無事終了することが出来ました〜♪

 

 

さて、今回の主役はみっちとはるき。

コミュニケーションが苦手なとても不器用な二人。

今までもいろいろ試してきたようですが、

何も解決出来なくて、

3か月前、奥ちゃんの紹介で、

表現講座の門を叩いてくれました。

 

そうして、表現講座がスタートしたのですが、

本人から色々話を聞かせもらうと、

 

特にはるきは、うれしかったことも、怒ったことも、

泣いたことも、ほとんどなかったと言います( 一一)

 

感情を閉ざしているので、

何も感じなくなっていました(*_*;

 

それでも、いろいろ質問していきます。

 

私が、いつもたくさん質問するのは、

問題を解決する為ではなく、

 

只々ひたすら、

その人の中の光を発見したいからなんです(*^。^*)

 

 

特に不器用な人は、

自分の中に光があることにまったく気づいていなし、

あまりに長い間、奥の奥にしまい込んでいるので、

それを発見するまで、繊細さと根気がいります(*_*;

 

そのうえ、

少し開いたかと思うと、

長い間に蓄積された怒りや悲しみや醜さなどが

溢れてきて、

本人もこれ以上見たくない!と感じます。

 

通常は、その時点で諦めてしまう事が多いと思うのですが、

 

でもー! でも!!

 

その奥にこそ、光が隠れているのです!!

その為には、一旦嫌な自分も見つめなければなりません( 一一)

 

 

発見したら、初めて演出が出来るようになります(^^♪

 

後は、ひたすら磨いていきます。

そしたら、少しずつ自信が生まれ、

顔付が変わり、考え方や受け止め方が変わり、

波動が変わります。

 

ここまで来れば、ようやく発表会が可能になり、

まんまの魅力を表現するために、

一緒に頑張れるようになります(^^♪

 

そうして迎えた発表会の当日、お客様の感想は、

 

「3か月でここまで変われるなんて、驚きだ!」

「感情表現って、本当に素敵だなと思った!」

「最初から感動して泣いてしまった〜(^^)」

 

そんな感じの発表会は、↓こんな感じです(^^)

 

前半は、みっちの発表会からスタートです(^o^)/

 

人との距離感がなかなかうまく取れずに人に誤解され、

人間関係が壊れそうになったら、何も解決出来ないまま、

自分から遠のいていたというみっち。

 

この日は、そんな想いを綴った「詩」を、

涙を一杯堪えながら、堂々と詠んでくれました♪

自分の想いを皆の前で素直に表現したみっちの発表会、

お友達も、みんな感動してくれました〜♪

そんな発表会を終えたみっち、

打ち上げでは、今まで見せた事がない爽やかな、

赤ちゃんのような表情になっていました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

後半は、はるきです♪

よーいどんに出演したことで、少し自信を得て以来、

初めての、人前での発表です。

中学の時から、筆談で会話し、声も出ない、感情も動かない、

何とか3か月後の発表会で声を出せたら、それだけでも・・・。

と、初日に仰っていたお母さんや観客の前で、

見事にウォーキングを終え、

感情表現をし、大きな男らしい声で、「詩」を披露してくれました♪

 

感情表現で、喜び飛び跳ねているはるきです♪

3か月前には、考えられません(^^)

 

最後の「詩」の朗読での喜びの叫びです♪

 

 

良くここまで成長したもんだと、

私も思わず泣いてしまいました(*^_^*)

 

はるき本当に、良く頑張りました〜♪

 

 

みっちも良く頑張りました〜♪

 

 

 

頼もしくなったはるきとはるきのママ♪

これからが本当のスタートです。見守ってあげてくださいね(^^♪


 

 

 

そして、みっちの為に、

忙しい中駆けつけてくれた素敵なお友達たちです♪

 

奥ちゃん、

いつも友人に表現講座を紹介してくれ、

こうして、皆と発表会に駆けつけて声援を送ってくれてありがとう♪

 

そして、

最後まで参加してくれたみなさん、本当にありがとうございました〜♪

 

これからも、表現を通して、

たくさんの感動を生み出せるよう頑張りますので、

今後ともよろしくお願いします(^^)

 

 

 

 

 

 

↓みっち&はるきの感想文です。是非読んでみてください♪

 

 

みっちの感想文

 

最初は、何が何だか?よくわからないままで…でも、

何故だか?1回目から、涙が出てきます。どうして涙が出てくるのか?

自分でもわからない。涙の意味がわからない。でも、涙が出てくる。

講習中に、涙を出させていただき、スッキリしました。ありがとうございます。

人のボランティアより、自分の気持ちと向き合ってから、

それから、溢れる想いで、ボランティアをしたら、いいと、

先生に教えていただき、本当にそうだと思いました。

これからは、自分の気持ちに向き合っていこうと思います。

発表は、恥ずかしかったのですが、いい体験でした。

友達が、忙しい中、遠くから来てくれ嬉しかったです。

先生に髪をセットしていただき嬉しかったです。ありがとうございます。

産まれる前は、みんな光で、元に戻るだけっていう言葉もありがとうございます。

今、光で包み込むことにチャレンジ中です。

あっと言う間の3ヵ月でした。楽しかったです。ありがとうございました。

 

 

はるきの感想文

 

自分は、幼い頃から引っ込み思案であまり人と会話をしていませんでした。

中学生の時からは親しい友人以外の同級生には筆談で話していました。

それもあり、感情の出し方が全くと言っていいほどにわかりませんでした。

 

 また、この表現講座を受ける前から

様々な講座をいろんなところでうけていましたが、

全て途中で投げ出してしまっていました。

それもあり、表現講座初日はまた投げ出してしまうのではないのだろうかと

思ってしまうぐらいに酷い感じでした。

 

 ですが、この表現講座だけは、投げ出す事なくやっていくことができました。

そのひとつに発表会をすることが決まり、

今まで自分は発表をする場でもしっかりと話すことができなかったのですが、

発表会のリハーサルをする中で少しずつ自身に自信を持ち始めているような

感じがしまして、またそのリハーサルをしていく中で徐々に感情の出し方と

いうものがわかってきたというものがあります。

もう一つは、この表現講座を受けている中で今までの自分であれば

体験しようとしないようなことをたくさんチャレンジしたというのもあると思います。

そのチャレンジしたものの一つとして、毎回、自分で詩を書くというもので、

詩を書いているうちに自分自身の中にあるものが何なのかがよくわかってきました。

これも辞めずにやってこれた一つの要因だと思います。

 

  また、発表会のリハーサルをしていて、

喜怒哀楽を体全体で出すという物ががあったのですが、

最初は怒と哀の感情がさっぱりわからなかったのですが、

リハーサルを進めていく中で自身がどういう時に怒っていて、

どういう時に悲しいという感情が出ているのかわかった気がします。

そして発表会当日、予想外に人が多く

今までの自分では一言も発することができなかったと思いますが、

自分に自信を持った今の自分はしっかりと全てやりきることができました。

 ここまで成長出来たのも、ゆら先生や両親が支えてくれたからだと思っています。

 

ここまで支えてくれてありがとう!これからももっともっと精進してより自分らしく、

感情を出していけるように頑張ります!

 

 

| YURA | 表現 | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.hyogen.net/trackback/971813
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

bolg index このページの先頭へ