blog index

YURA Blog

表現コンサルタント・康 有羅が、日々の出会いで感動した話を書き留めています。
<< 2016.3.27男塾無事終了♪ | main | 進化し続ける受講生に囲まれて〜♪ >>
2016.4.7基礎コース発表会♪
今回の主役は、
美容室アイルの経営者えいぞうさん。


 
えいぞうさんは、
毎週1回、混んでいる時間帯ということもあって、
2〜3時間かけて、三木市から車で通ってくれていました。

私のアドバイスを、いつも素直に受け止めてくれて、
忙しい合間をぬって、
宿題も一生懸命、やってきてくれていました。



最初の受講目的は、
今まで学んで来たことを、今後はアウトプットしていきたいので、
その為、表現を学びたい!ということでした。

表現をする為には、
まず、自分を知ることから始まります。

とは言っても、
自分の心の中を覗くのは、
とても勇気がいる事です。

感情表現を始めると、
自分では、気づいていなかった
長い間見過ごしてきた多くの感情と出会います。

それは、ちょとしんどい作業です。

本番が近づくにつれ、
自分でも、何となく、
しっくりいっていない事に気づいていくのですが、
どうしたらいいのか分からないので、
もどかしいやら、気持ち悪いやらが続きます。

そして、何故かわからないけど、
イライラしてきます。

逃げたい!
こんな事したくない!

という気持ちと、
このままでは、何にもならないという気持ちが交差します。

えいぞうさんも、そんな感じでした。

そうして、
不完全燃焼のまま、本番を迎えることになりました。

そんなえいぞうさんの心を知っているかのように、
リハーサルを始めた途端、嵐のような大雨が降ってきました。

まるで、窓越しに何かが、
さあ、どうするんだ〜?

と、言ってるようでした(^^♪


本番直前,
今だ〜!と思い、
ずっと伝えたかった事を、伝えてみました。

すると〜!!
本人自ら崖っぷちに立つことを決めて、
突然飛び込みました〜(^o^)/

課題は、人でなく、自分だったんだと気づいたんですね(*^。^*)
今まで付けていた鎧が、一瞬にして剥がれていきました。

そこには、まんまのえいぞうさんが、
ただ、やさしくて、かっこいいえいぞうさんがいました。

頑張って生きてきた男性が見せる涙は、
本当にカッコいい!

今までに見せた事がない、
新しいえいぞうさんが誕生したすばらしい発表会でした。

観客も泣いて喜んでくれていました〜♪

打ち上げに予約したお店に入ったら、
この絵が!

まさしく、えいぞうさんの一部始終を、
見守っていたかのような笑みで、
私たちを迎えてくれました。
皆、びっくりして、ここでもまた感動でした(^^♪

えいぞうさん、
やっと、表現の入り口に立てましたね!
お疲れさまでした。そして、ありがとう♪
今後、えいぞうさんがどう変化し成長していくのか、すごく楽しみです♪

雨の中、遠くまで足を運んでくれた仲間のみなさん、
本当にありがとうございました。

満月の日の素敵な一日に感謝です(*^_^*)





↓えいぞうさんの感想文が届きました。
 感じたことを、そのまんま素直に書いてくれましたので、
 是非読んでみてください。


 

表現講座を受けての感想

 

・まずなぜ受けようと思ったのか?  

昨年の10月の男塾であっちゃん先生の喜怒哀楽を見て、

興味が湧き年末の発表会でやってみたいと思い、

僕の中のモヤモヤしてるのがクリアになりそうな予感がしたので、

受講を決意しました。

 

・受けてみて・・・・  
初めの脱力で硬すぎてビックリしました
()  

 

ウォーキングもぎこちなく何も意識しないでいたので、

意識するだけでも違うんだなと思いました。  

絵の宿題も結構楽しい宿題でした、
終わって絵をきちんと習いたいな、
と思うくらいでした。


詩が何よりも大変でした。まず選べない、覚えれない、

レッスンの時は頑張るのですが、なかなか入り込めなかったですね〜〜

 

・発表会に向けての気持ちは・・・  

衣装を決めたりしていたのですがめたりしていたのですが、

本当にやるんだな〜〜ってくらいで、ヒザが痛かったり、

すごく意識が散乱していました。  

喜怒哀楽をやっていても、感情が全然出なくて、

このまま終わるのかな・・  と思ってみたり、

いやいや何とかガンバってみよう、と思ってみたり、

本当に当日までモヤモヤしてました。

 

・発表会の感想は・・・  

何とかリハーサルで形になるのかな?と思っていたのですが、

結構軽く進んでいったので、

あれ、このまま行ってしまうのか??と思っていたら

喜怒哀楽で先生から、

ほんとは自分に怒ってるんと違うん?

自分に哀しんでるじゃないん?

と言われた時に、すべての感情がつながって、

自分の父親を対象にしていたのですが、

今の自分の姿が見えて来て、

本当にモヤモヤしてる自分に思いっきり感情をぶつけることができました

哀も自分の姿に感情をぶつけることができたので、

本番では、観客は全然意識しないで、

100%以上の感情が出たと思います。  

詩は、何もわからないままに終わりました()

 

・すべてが終わっての感想は・・・  

今まで感じないようにしていて、

いっぱい溜まっていた感情を解放することができました。

(まだまだありそうですが・・・)

何か、本当に地に足がついた気分です。

姿勢もすごく意識できるようになったり家族との会話も変わって来たかな?と、

思ったりしています。  

先生、本当にありがとうございます。

自分の感情をもっと豊かに表現できるようになりたいと思います。

素晴らしい体験になりました。

 

えいぞう









 
| YURA | - | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.hyogen.net/trackback/971793
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

bolg index このページの先頭へ